スポーツ観戦の価値や、オリンピックの意義について考えてみた

スポーツ観戦の価値や、オリンピックの意義について考えてみた 雑記
スポーツ観戦に全く興味がない僕が、スポーツ観戦の魅力ってなに?
東京2020オリンピックって結局やる意味あったの?
という疑問に対して独断と偏見で回答します。

僕はスポーツ観戦が好きではないですし、その魅力がわかりません。

ですが今年ようやく開催された東京2020オリンピックを見て、同じスポーツ観戦には変わりませんが意義を感じることができました。

この記事では、スポーツ観戦の価値や、オリンピックの意義について、僕なりの考えをまとめます。

かなり僕の偏見が入っている内容ですが、スポーツ観戦が趣味という方を否定したいわけではありませんのでご了承ください。

スポーツ観戦の魅力がわからない理由

僕がスポーツ観戦の魅力がわからない理由として、スポーツ選手を応援しても、自分の人生が良くなるわけではないからです。

応援している選手やチームが試合に勝ったところで、僕の人生は好転しません。

「自分事ではない」ので、他人の人生を応援している場合ではないのです。

福本伸行さんの『最強伝説 黒沢』という漫画の冒頭に、下記のような場面があります。

最強伝説 黒沢
『最強伝説 黒沢』第1話より引用

あの日……分かってしまった………!

オレは…唐突に……分かってしまった…!

感動などないっ…!

あんなものに……感動などないのだ…!

人一倍……そう…まわりの誰よりも大騒ぎしながら、

オレは…胸の奥がどんどん冷えていくのを感じていた…!

そうだ…そう……オレが求めているのは……

オレの鼓動……オレの歓喜。オレの咆哮。

オレのオレによる、オレだけの……感動だったはずだ…!

他人事じゃないか…!

どんなに大がかりでも、あれは他人事だ…!

他人の祭りだ…!

いったい……いつまで続けるつもりなんだ…?

こんな事を…!

『最強伝説 黒沢』第1話より引用

主人公の黒沢がワールドカップ日本代表の活躍をテレビで観戦しながら、これは他人事だと気付き、一方で自分では何も成し遂げていないという事実に心がどんどん冷めていくというシーン。

僕はこのシーンに非常に共感しています。

どこまでいっても他人事なので、人が活躍しているのを見ても素直に喜べないのです。

またスポーツ観戦はそれなりに時間を消費します。

これが、僕がスポーツ観戦の魅力がわからない理由です。

オリンピック開催の意義について思っていたこと

オリンピック開催の意義について思っていたこと

話は変わって、開催されるまでにかなり賛否が分かれた東京2020オリンピックが先日幕を閉じました。

これまで僕のなかでは正直、世界的な大運動会くらいにしか思っていませんでしたし、スポーツ観戦という意味ではそこまで興味がありませんでした。

オリンピック開催の意義として「スポーツを通じ、若者を教育することにより、平和でより良い世界の構築に貢献する」というものがあります。

僕はこれの意味がよくわかっていませんでしたし、スポーツで世界平和というのは飛躍しすぎというか、綺麗事だとも思っていました。

オリンピックを見て感じたこと

オリンピックを見て感じたこと

上記のように僕は偏見を持っていたのですが、実際にオリンピックが始まると、僕の考えは少しずつ変わっていきました。

自国開催ということもあったからだと思いますが、30数年生きてきて初めてここまでちゃんとオリンピックを意識して見たと思います。

結論、僕のなかでオリンピック開催の意義が少しは理解できた気がしました。

どの競技を見ても、選手はみんな本気で自分と向き合い、自分を高めることだけを考えています。

そこには他人への執着は一切無いように感じました。

他の選手へのリスペクトはあっても、誰も他人を傷つけない、憎しみも恨みもありません。

各競技のフェアなルールの中でやっているので、オリンピックでは全ての選手が平等です。

もしかしたら、国によっては技術力や練習環境の違いなどもあるかもしれませんが、そんなことを言い訳にする選手はおそらく一人もいないでしょう。

そんなオリンピック選手が、自分たちの試合が終わった後に、抱き合ったりお互いを称え合ったりしている姿を見て、僕は素直に感動することができました。

「僕もこのままではいけない、もっと自分と向き合い高めていかないと」と熱いものを感じました。

また僭越ながら、みんなが同じように思うことができれば世界平和になるだろとまで思えました。

スポーツを見て何を感じるかが大事

スポーツを見て何を感じるかが大事

スポーツ観戦の魅力がわからないと言っていた僕ですが、東京2020オリンピックを通じて、僕の中でスポーツ観戦に対する見方が少し変わりました。

スポーツを見て何を感じるかが大事ですし、それこそがスポーツ観戦の価値だと思いました。

選手の姿を見て感動して喜んで、それで終わりにしてはいけません。

「よし!俺も頑張ろう!」と思って行動に移せるかどうかの方が大事です。

選手が頑張る姿を見て勇気づけられた気持ちを、今度は自分に向けて行動に変えるためのエネルギーにする、これがスポーツ観戦の最大の魅力なのではないでしょうか。

まとめ:スポーツ観戦して感じたことを自分に向けること

感じたことを自分に向けること

スポーツ観戦の価値や、オリンピックの意義について、僕なりの考えをまとめました。

最終的には、選手から得た勇気や感動を自分に向けていくことが大事だと思います。

なんなら、僕が大好きなアニメや漫画だって全く同じことが言えるなと、この記事を書きながら思ってしまいました。

時間の浪費と言えばその通りですが、キャラクターから得た勇気や名言が、今の僕に影響を与えていることは間違いありません。

ちなみに僕の妻はプロ野球が大好きなので定期的に一緒に見ることになるのですが、あの時間にはまだ意義を見出すことができておりません。。。

雑記
プロフィール
さとる

IT企業で営業やってる30代。
Webデザイナーや営業の経験を経て、日々思うこと、仕事についての考え方、自分が買って良かった物の紹介など発信していきます。
僕と同じように悩める人へ、少しでも役に立てれば幸いです!

さとるをフォローする
さとるをフォローする
さとるのオフィス

コメント

タイトルとURLをコピーしました