人の長所は最初は勘違いや思い込みから始まる

人の長所は最初は勘違いや思い込みから始まる 雑記
人の長所や特技って何がきっかけで伸びるんだろう?
子供の長所や特技を伸ばすにはどうすれば良いんだろう?
という疑問に対して独断と偏見で回答します。

人にはそれぞれ長所や特技とされているものが何かしらあります。

もしかしたら、自分にはそんな優れた長所は無いという方いるかもしれませんが、別に特別優れている必要はありません。

人よりもほんのちょっと得意だったり、趣味として継続できていること、やっていて好きなことや苦にならないことは、誰もが一つは持っているはずです。

この記事では、人の長所のルーツはどこからきているのか、きっかけとなる出来事は何なのかを「才能」以外の視点から考えます。

なぜ僕は絵を描くことが好きなのか

少し僕の話をさせて頂くと、僕は絵を描くことが好きです。

なんなら、絵を描くのが人よりも上手い方だと勝手に思っています。

もちろん美大などで本気で絵の勉強をしてきた人と比べられるようなレベルではありませんし、僕は美大卒でも美術部に所属していたこともないので、絵描きの勉強は全くしてきていません。

ですが、周りからも絵が上手いと言われることが多いので、長所や特技の一つだと思っています。

小さな成功体験

小さな成功体験

僕はいつから絵を描くことが好きになったのかなぁと考えたときに、はっきりと覚えている出来事があります。

それは小学校1年生のときに、美術の授業で桜の木を描くというのがありました。

そのときに、でっかい桜の木に友達何人かが登ったり、枝にブランコくくりつけたりして遊んでいる絵を描いた記憶があります。

今思い返してみると、全然上手に描けてるわけでもなかったと思います、いうて小学1年生の絵ですからそこまで上手い下手の差は無いに等しいです。

そんな絵がコンクールかなんかでたまたま市長賞に選ばれて、山形市長から賞状とメダルをもらいました。

そのときに周りからものすごい褒められました、「すばらしい~!」って。

絵を描く自分は価値があるんだと大人やクラスメイトが認めてくれて、すごく嬉しかったのを覚えています。

それがきっかけで絵を描くことが好きになりましたし、自分は人よりも絵が上手く描けるんだと意識するようになっていきました。

褒められるから自信になる

褒められるから自信になる

小学1年生の頃にそんな小さな成功体験がありましたが、この時点ではまだ勘違いだったり、自分の勝手な思い込みだと思います。

賞に選ばれたのはたまたまですが、褒められた経験が自信になり、次も人より上手く描いて褒められたいと思うようになります。

そうなると更に頑張ろうとなりますし、もっと上手く描くにはどうすれば良いのか自分でも考えるようになります。

そのループに入ればどんどん上達していきます。

このように最初はただの思い込みだったのが、気づけば長所や特技になっていくのではないでしょうか。

まとめ:幼少期に褒められた経験が長所や特技になっていく

幼少期に褒められた経験が長所や特技になっていく

こういう幼少期のちょっとした出来事ではありますが、褒められた経験や認められた経験が、その後の自分の習慣になり、長所や特技になっていくのではないかと思います。

そう考えると、子供の頃に育つ環境はすごく大事ですよね。

親や先生から褒められたことって、いつまでも覚えているものです。

僕にはまだ子供はおりませんが、会社の部下に対して褒めること、成功体験をさせてあげることを意識していきたいと思います。

雑記
プロフィール
さとる

IT企業で営業やってる30代。
Webデザイナーや営業の経験を経て、日々思うこと、仕事についての考え方、自分が買って良かった物の紹介など発信していきます。
僕と同じように悩める人へ、少しでも役に立てれば幸いです!

さとるをフォローする
さとるをフォローする
さとるのオフィス

コメント

タイトルとURLをコピーしました