プライベートでの明確な夢の見つけ方

プライベートでの明確な夢の見つけ方 雑記
プライベートでの夢を持っていない、将来どうなりたいかわからない方へ。
今の仕事をこのまま続けていて本当に良いのかな?
自分にとっての本当の幸せってなんだろう、考えてもいつも答えが出ない。
という悩みを解決します。

皆さんはプライベートでの夢を持っていますか?僕は持っていません。

ただ、明確な夢を持っている方が絶対に良いと思っているので、今は探している最中です。

仕事での目標を持っている人は多いですが、プライベートでの夢をはっきり応えられる人は少ないですし、だからこそカッコイイなと思います。

この記事では、なぜプライベートで明確な夢を持っている方が良いのかと、その見つけ方について、僕の考えをまとめます。

なぜプライベートで明確な夢を持っている方が良いのか

なぜプライベートで明確な夢を持っている方が良いのか

なぜなら「豊か」とか「幸せ」のゴールラインは抽象的すぎるからです。

極論ですが、住む家があって食べるのに一切困らなければ幸せではあります。

又は、週に一回外食したり、たまに家族で旅行に行ければ幸せと感じる人もいるでしょう。

人の価値観によって違うと思いますが、僕にとっての幸せとは上記のような抽象的なものでしかないです。

ではどうすれば幸せになれるのかを考えたときに、お金がいくらあれば足りるのでしょうか。

とりあえず年収1000万を一つの目標とする人が多いと思います。

仮に年収1000万を達成できたとして「で、なにをするの?」というところの方が大事です。

その「なに」の部分で必要なのがプライベートでの明確な夢になります。

明確な夢の見つけ方

明確な夢の見つけ方

明確な夢の決め方として、あまり堅く考えないこと、とりあえずでも何でも良いから決めてしまうことです。

夢が無いという人は、とりあえず決めようとしていない、本気で考えていない、大げさに考えようとしていないでしょうか。

もしくは、考えようとする時間が圧倒的に少ないだけだと思います。

とりあえずで良いと言ったのは、夢は途中で変わっても良いからです。

ただし、自分がワクワク出来る内容であること。

ワクワク出来ることがわからないという方は、極論ですが老後のことを考えてみてください。

老後はもう仕事もしておらず、毎日が日曜日になった状態をどう過ごしたいかを考えることです。

もし既に結婚していて、老後に自分の隣にいるのが奥さんの想定であれば、一緒にワクワクできることを二人で考えるのも良いと思います。

大事なことですので、しっかり時間使って自分と向き合ってみましょう。

夢は具体的な方が良い

夢は具体的な方が良い

僕がなぜこのように考えるようになったかというと、以前知り合いの方から、すごく具体的な夢を豊に語られたことがあるからです。

その方が言っていた夢は、老後は石垣島に移住して民宿を開きたいというものでした。

1階がカフェで2階が民宿になっていて、毎日ゴルフしてダイビングして、そこで今までお世話になった人たちを泊めて昔話をする。

その民宿は仕事としてやって収入に左右されるのは嫌だから、あくまで道楽でやろうと思っている。

それがどんな建物の民宿になるかは、それまでの自分の頑張りによって決まる。

じゃあそのためにお金はいくら必要なのかまで考えてみると良い。

石垣島に移住するという夢の達成のためには5000万円が必要ということであれば、それは代えがたい理由になる。

何の夢も無く5000万円を目標にするのよりも価値が高い。

といったものでした、その話を聞いていて僕自身もワクワクさせられました。

例えば、来週石原さとみとデートできるってなったら、一週間めっちゃ頑張りますよね。

それは目標が明確で具体的だから頑張れるのです。

人は自分の想像できる範囲の人間にしかならない

人は自分の想像できる範囲の人間にしかならない

プライベートの明確な夢を考える、そんな時間を定期的に作るのは非常に良いことです。

一緒にいる奥さんともそんな話をしたことないのであれば、二人で真剣に考えてみると意外と面白いものです。

人は自分の想像できる範囲の人間にしかならないらしいです。

だからいっぱい思考して自分の可能性を探っていく、想像力を豊にしていけばいつかその通りの人間に近づけるんだと思います。

僕は知り合いの方から夢の話を聞かされるまで、 プライベートの夢や老後のことなんて考えたこともありませんでした。

今は考えない日はありません、一日5分くらいでも良いので考えるようにしています。

そして毎週土曜日は妻と晩酌しながら一緒に考えます。

人生のテーマとしてずっと定期的に考えるようにする、そしたら少しづつ固まってくると思います。

自分が65歳になってから何しようか考えるよりも、今から考えてた方が楽しいです。

夢が決まってくると、普段のささいな選択をする際に、その夢の実現が基準になってくるので、選択のジャッジに意志を持ち始めます。

そうなれば、その夢が叶う仕事や収入であれば何でも良いと思えるようになるのかもしれません。

まとめ:大人だからこそ自分がどうなりたいのか考えるべき

大人だからこそ自分がどうなりたいのか考えるべき

プライベートで明確な夢を持った方が良い理由と、その見つけ方について、僕の考えをまとめました。

夢が無いのは考えていないだけです。

大人だからこそ、今後自分がどうなりたいのか真剣に考えてみる時間を作ることは、非常に有意義だと思います。

僕自身まだまだ具体的にできていないのですが、夢が明確に決まったときには今の仕事への考え方も変わるのかもしれませんね。

雑記
プロフィール
さとる

IT企業で営業やってる30代。
Webデザイナーや営業の経験を経て、日々思うこと、仕事についての考え方、自分が買って良かった物の紹介など発信していきます。
僕と同じように悩める人へ、少しでも役に立てれば幸いです!

さとるをフォローする
さとるをフォローする
さとるのオフィス

コメント

タイトルとURLをコピーしました