妻に聞かされる仕事の愚痴にウンザリしている夫へ、愚痴の聞き方

妻に聞かされる仕事の愚痴にウンザリしている夫へ、愚痴の聞き方 ライフスタイル
妻に聞かされる仕事の愚痴にウンザリしている男性の方へ。
愚痴に対してアドバイスや解決方法を言ったらなぜか不機嫌になった。
こちらに何を求めているのかわからない。
という悩みを解決します。

仕事や職場での人間関係に関する愚痴を妻から聞かされる夫は多いのではないでしょうか。

僕にも結婚して二年目の妻がおりますが、最近徐々に仕事の愚痴を聞くことが増えてきました。

内容はだいたい職場の同僚や上司に関することですが、僕にとっては知らない人の愚痴を言われても何と答えてあげれば良いのやら。

今はまだ妻の話をウンウンと聞けてますが、そのうちイライラしたり、ウンザリしてしまうのもイヤだなと思ったので、自分への備忘録の意味も込めてまとめます。

この記事では、妻が夫に愚痴を言う理由や、愚痴の聞き方について紹介します。

男性と女性の考え方の違い

男性と女性の考え方の違い

妻の愚痴について考えるにあたり、そもそも男性と女性でストレスを感じたときの発散のさせ方が違うことを理解する必要があります。

結論を求める男性

男性はストレスに直面すると、縄張り意識を強めて一人の世界に閉じこもり、迅速に解決しようとする生き物です。

だから積極的に誰かに打ち明けようとしない傾向にあります。

仮に誰かに相談したとしても、結論や解決策までセットで求めるのが男性です。

確かに自分を振り返ってみても、悩みがあるときは黙って話しかけんなオーラを出し、ふてくされたような態度になってしまうことが多いかもしれませんw

共感を求める女性

女性は男性よりも力が弱いので、周囲と良好な人間関係を築くことで、自分や子供を守ろうと本能的に考えるそうです。

コミュニケーションのなかで相手から共感を得ることが何よりも重要です。

ですので女性はおしゃべりで共感を得ることでストレスを減らそうとします。

女性が男性よりもおしゃべりが好きなのは、そういった理由があるからです。

子供の頃から男性がゲーム・漫画・プラモデルとかで遊んでいるのに対し、女性はカフェでずーーっとおしゃべりしてきているのはそういうことです。

女性からしてみれば、愚痴もコミュニケーションの一つというわけですね。

なぜ妻は夫に仕事の愚痴を言うのか

なぜ妻は夫に仕事の愚痴を言うのか

そんな妻が夫に愚痴を言うのは、心から信頼されているから、頼られているという証拠です。

自分の味方だと思っている夫に共感してもらいたいから。

むしろ愚痴を言ってくれているうちが花なので、世の中の夫は「それキタ!」と喜んで聞くべきだと思います。

そもそも大前提として、世の中の奥さんは仕事以外にも家事や育児などを毎日こなし、ある意味夫よりも全然働いている女性も多いのではないかと思うと、もうリスペクトしかありません。

積極的に愚痴を言いたい人は少ないと思いますが、それでも愚痴がこぼれてしまうのは、上記のように日頃から無理をしてストレス溜めながら頑張ってくれているからこそ。

そんな妻を夫は「とことん吐き出して大丈夫!」というスタンスの広い心で受け止めて、愚痴の一つや二つくらい黙って聞きましょう。

妻の愚痴の聞き方

愚痴の聞き方

そうは言っても、ただ妻の愚痴を聞くのは苦痛だったりイライラするという人も多いと思います、正直僕もたまにそう思ってしまいます。

そんな愚痴を聞く際の心構えを下記にまとめますので、世の夫は心に刻んでおきましょう。

黙って聞く、否定や解決策は不要

妻の愚痴を聞いてると口を出したくなる人は多いと思いますが、とにかく黙って聞きましょう。

夫
  • それは相手の問題だからキミが考えてもしょうがなくない?
  • なら早くそうしたら良いじゃん
  • それってこうしたら良くない?

などと正論を述べて解決しようとしてはいけません。

女性はあくまで共感してほしいと思っていますが、解決してほしいとは思っていません。

解決は一旦置いといて、妻からアドバイスを求められたら初めて提示しましょう。

目を見て相づちを打つ

ただ黙って聞いていても「話ちゃんと聞いてるの?」と思われては元も子もありません。

愚痴に限らずコミュニケーションの基本中の基本ですが、妻の目を見て話を聞き、適度に相づちを打ちましょう。

夫
  • うんうん、なるほど
  • わかる!そうだよね
  • それでどうなったの?

なんてたまには簡単な質問したり、妻が言うことをオウム返ししても良いでしょう。

話を聞くときの礼儀として、ちゃんと聞いてくれてるんだと思ってもらえるような姿勢は大事です。

スマホやテレビ見ながら聞くなんてことは絶対にしてはいけません。(←やりがち!)

最後に「お疲れ様、大変だったね」とねぎらう

妻を承認し、共感の言葉をかけましょう。

それだけで、この人はちゃんと話を聞いてくれる、私の味方でいてくれてると感じてくれます。

「え?まだなにも解決してないけど良いの?」と思うかもしれませんが、まずは共感することで妻のストレスを減らすことが大事です。

また話すことで頭が整理され、勝手に解決策が見つかるなんてこともあります。

夫は妻が冷静になるための受け皿になりましょう。

まとめ:妻の愚痴は黙って聞いて、承認や共感の言葉をかける

黙って聞いて、承認や共感の言葉をかける

妻が夫に愚痴を言う理由や、愚痴の聞き方について紹介しました。

まずは黙って聞いて、承認や共感の言葉をかけてあげることが大事だと思います。

こんな記事をわかった風に書いておりますが、自分でも思い当たる節が多すぎるなと。

ついつい解決しようと口をはさんでしまい、なぜか険悪なムードになってしまったということも多々ありますので、この記事の内容は定期的に自分にリマインドしていきたいと思います。

愚痴を言う妻を腫れ物のように対応するのではなく、お互いリスペクトし合い、いつまでも支え合えるような関係でいたいですね。

ライフスタイル
プロフィール
さとる

IT企業で営業やってる30代。
Webデザイナーや営業の経験を経て、日々思うこと、仕事についての考え方、自分が買って良かった物の紹介など発信していきます。
僕と同じように悩める人へ、少しでも役に立てれば幸いです!

さとるをフォローする
さとるをフォローする
さとるのオフィス

コメント

タイトルとURLをコピーしました