上司は会社からの評価を気にするより、部下からの評価を獲得すべき

上司は会社からの評価を気にするより、部下からの評価を獲得すべき 仕事の考え方
会社と部下の板挟みになっている上司(中間管理職)の方へ。
会社からは目標や売上について口うるさく詰められ、部下からも文句を言われる。
そんなときに会社と部下のどっちを見て仕事をすれば良いの?
という疑問を解決します。

会社組織の中である程度役職が上がっていくと、自分のチームや部下を持つことになります。

それまでは直属の上司の指示を聞いて動いていれば良かった状態から、役職が上がり自分が上司の立場になると、会社と部下の板挟みになっていきます。

会社からは目標や売上について口うるさく詰められ、一方で部下からは思うように成果を上げることが出来ず高すぎる目標に対しネガティブなことを言われる。

そんな状態のときに、上司はどっちを見て仕事をすれば良いのかについて、僕の考えをまとめたいと思います。

上司は会社からの評価を気にするより、部下からの評価を獲得すべき

上司は会社からの評価を気にするより、部下からの評価を獲得すべき

結論からいきますがこの記事のタイトルの通り、会社からの評価を気にせずに、部下からの評価を獲得すべきです。

その理由を説明します。

会社からの評価ばかり気にするとパワハラみたいになる

役職にもよりますが、上司の評価は会社が下しますし、その評価基準になってくるのがチームや部下の成果です。

当然上司は評価されたいので、会社や上層部から言われた目標を達成するために、成果を上げない部下に対してはイライラし、それを発散するかのように厳しく指導することになります。

そうして自分の評価ばかり気にする上司はいつしか部下への接し方がパワハラのようになり、どこかで部下との関係性がおかしくなっていきます。

そうなると上司に部下は着いてこなくなり、成果も上げ続けることが出来ず、チームも崩壊していきます。

それでは元も子もありません。

部下からの評価を得ることの大切さ

上司は常に部下の方を見て仕事をするべきです。

上司が困っているときに、一番のマンパワーになってくれるのは直属の部下だからです。

部下からの評価を得られていれば、部下は自分の上司に花を持たせたいと思い、自分たちで何とかしてあげようと自然とチームが結束してくれます。

それが結果的に上司の評価につながります。

部下からの評価を得るにはどうすべきか

部下からの評価を得るにはどうすべきか

部下が困っているときにはとことん助けてあげましょう。

部下が失敗したとしても気にも留めずに「大丈夫!」と言って、どうしたら良かったのか一緒に改善を考えてあげることです。

全部助ける(やってあげる)わけではなく、あくまで一緒にやるか、考えさせる機会を与えることが大事です。

そうすることで部下は自分たちが置かれた環境の良さに気付くことが出来ます。

一生懸命頑張っているけどなかなか結果は出ない、でも問題点は見つけてくれる、この上司は自分を成長させてくれると感じてくれるはずです。

また、会社や上からの詰めがキツイことは、部下の前では表に出しても愚痴ってもいけません。

そんなことせずとも、上司が詰められていることは部下も薄々気付いているでしょう。

どんなに詰められても、上司は部下の前では常にニコニコしてることが大事です。

上司が機嫌や感情を表に出していたら、それだけで部下は顔色を伺いながら仕事をするという余計なものが出てきてしまいます。

部下の気持ちになればわかると思いますが、機嫌悪そうな上司に対して自分の成績が悪かったら、もう会社にも行きたくなくなりますよね。

自分の些細な感情を仕事に持ち込んだり、その日の機嫌でコミュニケーションを変えないこと。

感情にムラがない、いつ会っても同じであるという安定感が上司には必要です。

いつでも元気で明るく、失敗しても「大丈夫!」「しょうがない!」と言った方が次の一手につながりやすいですよね。

次の一手を打ってくれるのは、実際の現場で動いてくれている部下です。

まとめ:上司は部下に寄り添うべき

上司は部下に寄り添うべき

上司は会社からの評価を気にするより、部下からの評価を獲得すべきという僕なりの考えをまとめました。

会社は期待値も込めて常に高い目標を設定します、成長中の会社であれば尚更です。

それに対しチームの成果が順調に上がっていれば良いですが、苦戦していたりすると上司はイライラしてしまうものですし、その矛先は部下に向けてしまいがちです。

部下にキツく当たっても改善につながりませんし、チームの雰囲気も悪くなります。

会社に詰められ苦しいときこそ、上司は部下に寄り添うべきだと思います。

そんな考え甘すぎるという意見もあるかもしれませんが、自分の評価よりも部下のことを考えられない上司が評価されてはいけないと僕は思うのです。

仕事の考え方
プロフィール
さとる

IT企業で営業やってる30代。
Webデザイナーや営業の経験を経て、日々思うこと、仕事についての考え方、自分が買って良かった物の紹介など発信していきます。
僕と同じように悩める人へ、少しでも役に立てれば幸いです!

さとるをフォローする
さとるをフォローする
さとるのオフィス

コメント

タイトルとURLをコピーしました